デキるビジネスマンの華麗なる脱毛ライフ【ビジネス編】

デキるビジネスマンの朝のルーティンをご紹介した【モーニング編】に続き、最前線で活躍する彼らの日常において脱毛がどんな形で効果を発揮しているのかをちょっと覗いてみましょう。

 

【他部署との円滑なコミュニケーションは必須】

デキるビジネスマンは自然と案件や予定が多くなり1日1日の行動がとても貴重になります。効率よく膨大な仕事量と複雑なタスクをこなすためには、他部署との連携が非常に重要であり、デキるビジネスマン程そのことをよく理解しています。

 

働いている人はみんな忙しいです。

 

そんな中、仕事とはいえ円滑な業務遂行には他部署へ様々なお願いをしなくてはなりません。

 

例えば、領収証の件で経理の方とのやりとり、事務方への作業依頼etc

 

自分の作業に集中している際に、汚らしい人、ニオイがキツイ人など清潔感のかけらもない方に声を掛けられ、自分の作業が一時中断されたらイラっとしませんか?

 

デキるビジネスマンはこれらのリスクを軽減し、持続的良好な関係性がもたらすメリットを理解している為、ヒゲ脱毛で青ヒゲや無精ひげにならないようメンテナンスをしているのです。

 

仮に忙しくても、やかな清潔感ある男性なら相手側は気持ち良い反応で引き受けてくれるのではないでしょうか。

 

 

【パートナー(顧客)との信頼関係は身なりで決まる】

商談の際、机を挟んでプロジェクトの内容を詰めるため様々なディスカッションを行います。

デキるビジネスマンは相手からの信頼得ることだけではなく、気遣いといった配慮もするためムダ毛の処理も行っているのです。

 

顧客から預かる資料や高額な契約締結資料などに、『ムダ毛の多いもっさりとした自分の手を添えるても良いのか』とここまで相手への配慮を忘れません。

 

美容=自分をキレイにするという、自分へベクトルが向いた考えになりがちですが、相手への与える印象を考えるのであれば、気遣いの心を持った相手向きのベクトルに代わるのです。

このような姿勢でいることで、自然とパートナーもその気持ちを感じ、貴方への接し方や印象がガラッと変わり、信頼を得ることに繋がるでしょう。

 

【会議でスマートな立ち振る舞いを】

デキるビジネスマンは自然と会議の中心となっていることが多いでしょう。

手先の爪から足先の靴がきれいなビジネスマンが纏う雰囲気にはどこかスマートな印象を抱くはず。

そんな彼らの発する意見には、不思議と魅力や力強さを感じます。

 

人は座っている姿勢、メモを取る手先、相槌と表情などノンバーバル(非言語)なメッセージを相手は受け取りその人の印象を判断しているのです。

 

そのような観点からも、脱毛をはじめとするスキンケアをしっかり行っている男性からは清潔感をとても感じ、好印象を与えることができます。

 

会議の中心となることで、自分のペースに引き込むこともできるので最大のパフォーマンスを発揮できる環境を自分で作れるでしょう。

 

【1日のスケジュールが終わって】

脱毛という美容を通じて会社ではこのような日常を送っているのです。

こうして顧客との打ち合わせや会議、その他通常業務を終え彼らはアフターへと向かいます。

デキるビジネスマンはここで1日が終わるのではなく、アフターも充実したものとするため街に繰り出し、社外との繋がりや、人脈を作り出すための動きをとっているのです。

次回はデキるビジネスマンのアフターに脱毛がどのように活かされるのかをご紹介します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です